NEWS

NOTICE PC PS4 2021/04/07 11:30

ガレージ「シンジケート」のパノラマ


『CROSSOUT』勃発後、コンクリートとガラス造りの巨大な建物へと戻ることができた住民はいませんでした。
大災害以前の世界を知るその生存者たちは、老朽化した家へと帰ろうとしましたが、寂れた景色に虚しさを覚えすぐにその場を後にしました。
そして、その感情は他の住民にも伝染しました。今日びの遊牧生活では定期的な移動が不可欠となり、狭い通りでは待ち伏せに遭遇しやすいため、そのコンクリートの巨大な建物は孤独に永遠を過ごす運命にありました。
…シンジケートが現れるまでは。

東から現れた新参者のシンジケートは、この人気のない近隣区域を非常に気に入りました。
東地区にあり陽の光で輝く窓が並んだコンクリート造りの巨大な建物は、彼らにとって最高の避難所となったのです。
さらに、渓谷の住民に嫌われていた狭い通りはこの客人たちが所有する機動性の高い装甲車両にとって都合が良く、彼らはオフィス街の中央ビルに要塞化した独自の前哨基地を設けました。
東から来た最強の戦士の一人「文武」は、この古びた金属の要塞「ドラゴン」の番人としての責務を受け入れました。

廃墟となった建物は再び活気に溢れ、以前ハイテク企業として存在していたシンジケートは、この環境への順応に成功しました。
かつての立体駐車場は、装甲車両の試験場やレースの練習場として戦士たちに利用され、復元された公園は彼らの故郷を彷彿とさせました。
さらにこの新参者たちは、東地区の中心部につながるモノレールを再び稼働させることにも成功しました。

シンジケートの働きにより、過去の遺物への関心を取り戻した渓谷の住民たちは再び前哨基地を訪れるようになりました。
積極的に傭兵を採用していたこの東から現れた客人に、地元の人々が驚かされることはもう何もない、
そう思われていた時です。
確固たる意志を持つ謎めいたシンジケートには切り札がありました。
そして、生存者たちの生活に着実に影響を与えたのです。
TOP