NEWS

MEDIA PC PS 2019/03/13 23:36

ガレージ「黙示録の騎士」のパノラマ


砂で覆われ、太陽に焼かれた古い格納庫内で、軍装備品がある工場の中心を見分けることは困難だ。
ずっと大昔のことだ。だが、その大昔でさえ、ほとんどの時間、この場所は不気味なぐらい静かだった。
新しく生まれた車両や武器の試作品に電気が流れ、最初の呼吸をする準備が整った時、月が1周するごとに力が満ちていった。
屋外アリーナは、本物のバトルの状態を再現する場所だった。銃が撃たれ、弾丸の届く範囲はすぐに評価された。レーストラックでは、生まれたばかりのモンスターが跳躍台から飛び出し、試乗を行う際には斜面に沿って走った。
そして残りの時間は…静寂。車両や武器の試験後にその場に長居したがっている者など誰もいなかった。

『CROSSOUT』発生中に都市を飲み込んだ狂気は、無人の地のさほど奥深くまでは到達しなかった。
そのため、試験場も、巨大なドアを内側から密閉するのに十分運が良かった人々も、狂気に苦しんだことはなかった。
倉庫は食べ物、戦車、そして…燃料でいっぱいで、武器庫には多くの弾薬があった。
まるで誰かが世界の終わりを迎える準備をしていたかのようだ。
そこには快適さもあった。

この備えが、運命の日に格納庫で働いていた数十人のWaderkvarn社の従業員の命を救った。
外に残った人たちは、ツイていなかった。
そして何十もの手が壁を叩き、何十もの声が中に入れてくれるよう懇願したが…沈黙がそれに対する答えだった。

格納庫の門が再び開いた時、住民は新世界の規律に従う準備ができていた。
騎手達は大災害を引き起こす血の収穫を始めた。
彼らの影響は、雨が降った後の茸のようにすぐに芽を出し、生存者の中でも最も血みどろの無法者の集団となった。
生存者はしばしばテスト場に集まるが、その中で一流の者だけが格納庫内に入り、そこにある全ての恩恵を享受することが許されるのだ。

TOP