NEWS

NOTICE PC PS 2019/03/06 12:30

ジェフ


アクセスレベル:中級

探検家「Fossett」が話した、ガンスミスのジェフと会うことができたという唯一の陳述。

私は、曲がりくねったレッドゾーンを迂回することはできなかった。暗闇の中で、さざ波のように風が吹いていたことだけ覚えている。最後に私が見たのは山脈の上にある雲だった。

丸いストーブがある石でできた家の中で私は目覚めた。窓の向こうに不気味な暗い夜が迫っていた。
テーブルに男が私に背を向け座っていた。

「君は安全だ。食べろ。」と近くにある食料を指さしながら彼は言った。

私が食べている間、彼は静かだった。男が私を襲う気がないと気づいてから、ここが一体何だったのかを訪ねた。

「血のガンスミスと呼ばれる、ジェフのことを聞いたことはあるか?」と椅子にもたれ掛かっている謎の男が聞いてきた。

私は本当のことを言った:

「「ジェフの銃」のことなら聞いたことがあるが、詳しくは知らない。」

男は笑った:

「本当か?…」

男は私に背を向けたままだった。少しの間が空いて、男はまた話し始めた:

「ここは彼の家だった。隅っこに製錬所があるだろ?彼はここに住み、ここで働いていたんだ。彼の手にかかると
金属は粘土よりも柔らかいプラスチックのように変形すると人は言う。」

事実、鍛冶工の道具が壁にかかっていた。

「ジェフ…彼の手に掛かった銃は1年分の食料の価値がある。ジェフの銃が決して不発を起こすことはなく、銃自体に意志があるように標を狙うと皆信じていた。そしてこうも信じていた。銃のためならば、この狂った男は生きている人々を切り裂き、
彼らの魂を切り離してしまう狂人、怪物であると!…

私は不安になり自分のカバンに手を伸ばしたが、男はただ手を振っただけだった。

「そう信じていた人々は、あらゆる行方不明者や、切り裂かれた死体をジェフになすりつけようとしていた。だが彼は一度も健全な人間を切ったことがなかった。彼は、身体が不自由な人たちに新しい腕や脚を移植し、普通の生活に戻れるよう助けた。これがジェフの汚名を晴らしたと思うか?…ある日彼は、自分が子供たちを怖がらせる怪物でいることに嫌気がさし、怪物のマスクの下に自分の顔を隠し
どこかへ消えた。」

しばらくして、男は椅子から立ち上がり私の方に振り返った。彼の顔はマスクで隠されていた…死んだトカゲから切り取ったような、
鼻を覆い隠す乾いた皮のマスクに。

「ジェフは決して罪なき命を奪ったことはない」と男は言った。

そしてどこかへ去ってしまった。

あれから数年が経つが、いまだにあのマスクが私のまぶたに浮かぶ。

E. F.

「ジェフ」のポートレートは現在獲得可能です。 ファクション「ノーマッド」でレベル2に達することで獲得することができます。
TOP