NEWS

NOTICE PC PS 2019/01/09 08:05

ギャラリー内のニューイヤーの装甲車両


ホーホーホ、愛しい生存者諸君!
今回はファザーシュライクが荒野のエンジニアが作った最高の装甲車両を紹介するよ。
ソーシャルネットワークに投稿された伝統的なニューイヤーのコンテストで注目を集めた車両を厳選したよ。


荒野の諸君はホリデーが大好きだ。
生存者諸君が未だに祝う大規模なホリデーには、ニューイヤーとクリスマスがある。
この時期になると、ガレージにテーブルを設置し、大きなプラズマ画面を備え付け、
様々な愉快な絵をスクリーンに描き(放送中の番組はないんだ!)、ガレージに客を呼ぶんだ!
なんて素敵な時間なんだ!


このホリデー中は、一部の生存者たちは荒野のファザーとの遭遇について語り合う。
エナジードリンクを持っているファザーではなく、ファーコートと帽子を身に着け、
トナカイと共にいるファザーのことだ。
私たちの村には多くのシカがいると、君は言うかもしれないね。まったく同感だ。
でも、ファザーのトナカイは本物なんだ!まるで生きているように!


ブラッドロックスの端にある人里離れた村にいるレイダーの一人は、ニューイヤーズイブになったら、
ガレージに特別なクリスマスツリーを置くことに決心したと人々は話す。
彼は一人暮らしで、家族と大災害の前に飼っていた小さなワンちゃんを恋しく思っていた。
だから彼は鉄でブタを作ったんだ。あぁ、なんて可愛いんだ。
ホリデーの間、彼は作ったブタをツリーの下に置いていた。
そして、友達とのパーティーの後にガレージに戻ると、そのブタが生命を宿したことに気付いた!
彼は嬉しくて、大喜びした。彼はブタを太らせ、大きくしたかったんだ。
でも、そのブタはミニブタだった。


生存者たちはホリデー中に自分の装甲車両を様々なライトや電飾で飾り付けるのが大好きだ。
この伝統は大災害よりずっと以前に始まったらしい。
その当時の人々は、すべてを鮮やかに艶やかに飾り付けるのが大好きだったんだ。
とあるソーダを大量に飲んでいた一部のドライバーは、自分たちのトラックを電飾で飾ったんだ。
そして、子どもたちはそのトラックを追いかけ、「ホリデーがやって来たぞ」と叫んでいた。
最近では、電球は言うまでもなく、機能するジェネレーターすら見つけるのが難しいけれど。


荒野に住む一部の老人は怖いかもしれない。
彼は自分のステッキを振り回すと、リヴァイアサンが怖がっていたよ!口ひげを振るわせると、
ダイヘッジホッグは尻尾を巻いて隠れ家に逃げていく!
これが、荒野で出会うかもしれない、グランドファザーだ!


今年のトレンドは、自分のガレージではなくお隣さんのガレージでホリデーをお祝いすることだ。
多くのライダーたちは他の生存者たちを自分のガレージにおびき寄せるために、特別なポスターさえも作る。
これが、そのポスターの一例だ。
「豪華なサンタクロースのそりからのパイナップルプレゼントはすでにクリスマスツリーの下で、
生存者たちを待っています。小さなクリスマスツリーは燃え盛るガスストレージの側で体を温めることを勧めています。
あ!荒野で一番速い住民のためのプレゼントがあります。レジェンダリーのバンパーは、
今年いい子にしてた人にだけ贈られます。」


荒野のすべてのグランドファザーは特別だ。でももっと特別な人がいる。
彼はいつも目を細めて君たちを見ていて、その眼はまるで装甲をまとったガンスロットみたいなんだ。
その中には炎がある。彼の袋の中にあるプレゼントはいつも特別なんだ。
君はそのプレゼントはねじれていると思うだろうけど、実際にはゆがんでいるんだ。


荒野にどんな種類の野ウサギがいるか知っているかい?野ウサギなんて見たことがないだろうね。
クリスマスになると、野ウサギたちは身体を装甲プレートで覆って強化し、ユニークなアイテムで脚を改良するんだ。
左脚は耐火性を+10増加し、右脚は敵の装甲を80cm貫通するんだ。


シカって言ったかい?荒野にはドラゴンが引くそりがあるんだ!
青いドラゴンは最大3.5トンのそりと運転席に加え、8席以下の座席を引くことができる。
さらに赤いドラゴンは、少なくとも時速60kmのスピードでドラゴンの左足の裏を10秒間こすると、
武器の冷却に追加ボーナスを与えるんだ。


生存者たちが花火とクラッカーをどれほど好んでいることか知っているか。
大抵、ホリデーはとても賑やかで、野生のリヴァイアサンハント中のように、何も聞こえない。
こんな夜は、すべてのものが電飾で埋め尽くされているかのようなんだ。色とりどりの光景が空中で輝いているね。
綺麗だ!まあ、もちろん、一晩で2つか3つのガレージを失うことになるんだけど、いたって普通さ。


ホリデーの前夜は特別な時間だ。多くの生存者たちはトレーラーに荷物を積み込み出発する。
時にはクリスマスのサラダ、爆弾、プレゼントでいっぱいの連結トレーラーが近隣の居住地で見つかることもあるけどね。
これが大移動なんだ。でも次の日、彼らは反対方向に向かうことになるんだ。


ほら、荒野にいる鳥を見てごらん!この鳥に乗って操縦する生存者もいるんだ。
そして他の生存者たちは彼らを見て叫ぶんだ、「ホバーを弱めろ!」ってね。
言い伝えによると、ファザーフロストは初めて谷にやってきた時に彼のトナカイたちに向かってそう叫んだらしい。


荒野に冬が訪れると、多くの生存者たちはそりに乗る。面白いことに、今年は雪が積もっていない。
影にいても灼熱で岩は溶けているよ。なのに彼らはそりの上で、ファーコートに身を包んでいる!
みんながまるで小さな子どものように幸せな表情を浮かんでいる!これが、荒野に住む愉快な人々だ!

TOP