NEWS

NOTICE PC PS4 2017/11/09 10:41

マップ「砂漠の谷」のパノラマ


なぜバーテンダーは必要な時に限っていないんだ!?誰1人として知らないような年老いた戦士に出来ることが他にあると思うか?
酒でも飲みながら、ほら話をしてやろう。ルナティック辺境の植民地である南東に位置している砂地の谷や、燃料を輸送する時に使っているものを知っているか?そこには、スクラップや古い車両の破片などがある...。ここは、ルナティックの領域が時間をかけて
南の荒野へと変形し、運転すると道に迷ってしまう場所だ。もちろんお前も知っているだろ?知らない者はいないはずだ。


今では、全てが整った砂地となっていて、ピートの仲間たちは日が暮れるとレースを始める。ヘリコプターキャビンをシェルターへと
改造したが、アイアンをどこから入手したのか、彼らにはまったく見当がつかない。そこで、聞いてくれ。


そこは、絶えず嵐が起こり続け、辺り一面に砂が舞い、マスクをしていたとしても砂が歯にくっついてくるような場所である
ということを、南にいた者は知っている。その昔、一度だけ飛行機がこの谷の上を飛行したことがあるが、これは最重要機密事項だ。
教養人は、南にある研究室から何かを輸送することを熱望していた。
これは、危険な積み荷、もしくは地球のものではない何かだと言う者もいる。しかしタイミングが悪く、
ちょうど砂嵐に行き当たってしまった。しかも、ただの嵐ではない。こんなことが起こったのは初めてで、オレンジ色の稲光でも、
吹き荒れる旋風でもない。私は科学者たちがこの嵐を引き起こしたのではないかと思っている。詳しいことは知らないし、
このことについては何も聞かないでくれ。


約5時間後、嵐は過ぎ去り、多数のヘリコプターが飛んできた。彼らは残骸から何かを探り出そうとし、災害派遣隊を送り込んだが
戻ってくることはなく、飛ばしたドローンも故障してしまった。そして、彼らは近くにテントを張り、
自分たちで発掘を始めたが、何も発見することができなかった。


今では、風によって少しずつ砂が飛んでいき、残骸を見ることができるようになりました。私の指導者である、年老いたスカベンジャーがこのことについて私に教えてくれた時にはもうこのエリアは閉ざされていて、砂の柱は空に飛んでいき、
まるで手紙のように白いものの中で黒いものが輝いていた。


臆病者たちよ、笑うがいい。私の命が尽きれば、この真実を知る者はいないくなる…。しかしあのバーテンダーはどこに行ったんだ!?



この記事は2017年4月25日に英語版に投稿された記事です。
現在の仕様とは異なる場合があります。
TOP