NEWS

NOTICE PC PS4 2017/10/27 19:30

最高の装甲怪獣と遭遇出来る場所


生存者の諸君!


荒野のエンジニアから選んだ最高の装甲車両をご紹介します。
今回は、車両の見た目で敵を驚かし、怖がらせるような、かなり奇抜な車両を選びました。


今回ご紹介するすべての車両は、斬新さと独創性のあるものが、ゲームギャラリーでユーザー投票(いいね!)をもとにして選ばれたものです。



レイダーの皆さん、注意してください!荒野でドラゴンが発見されたようです!肉食で、危険で、そしてなんと武装しているのです。孤立したレイダーを攻撃し、車両から貴重な装飾品を奪い取り、子どものドラゴンのおもちゃにするために山にある巣へと持ち帰ります。

ドラゴンと共にゴジラも荒野で発見されました。後ろ足の代わりに取り付けられたキャタピラーによって、荒野の端から端へと横断できる優れた能力を備えています。幸いにも、この装甲車両は危険というよりも見た目の恐怖のほうが勝っています。


五杯目のお茶を飲んだ後、レイダーの内数名が、長い旅路の途中で出会った最も危険だった生き物について語り始めました。独特な外観で、獰猛な振る舞い、そして可愛らしい日傘。この油断ができない車両をレイダーたちは「ヌー、パガジー」と呼んでいます。

早朝、南の荒野で運が良ければ古代神であり、死後の案内人でもあるアヌビスを発見できるかもしれません。その神に出会うと、幸運、豊かな護衛、そして貴重なパーツがもたらされると信じられています。


荒野の遠い場所にある忘れ去られた場所で、少年はとても貴重な装甲車両の友達を作り、その車両を「トゥースレス(歯なし)」と呼んでいました。二人は信じられないような冒険を共に経験しました。暗く、恐ろしい夜の中、古いタイヤの焚き火のそばで生存者は好んでこの話をします。

捨てられた巨大都市の中にある深く生い茂った森の中で、時折信じられないほど美しい金色のドラゴンに出会うことができます。その肌は太陽の下でキラキラと輝いています。多くのレイダーがそのドラゴンから逃れることができた場合、手土産として子どもたちに鱗を持ち帰っています。


全てのパンプキンが同じに見られているわけではありません!特に10月は、悪の力が荒野で活発になっています。

年老いて隠遁したドラゴンが巣から這い出てきました。その翼はすでに開くことはなく、彼の口元は厚く長い口ひげで覆われています。彼は年老いてはいますが、未だ危険な存在です。このドラゴンが飛べないことは確かですが、若いドラゴンと同じように、その爪は鋭く強い鉄でできています!


地下室、地中通信、見捨てられた大都市の店の下水道の秘密や恐怖について考えることは恐ろしいことです。しかし時折とても勇敢なレイダー達が廃墟へと入り込み、生還した者たちが残りの寓話を語り継げるのです。

遠く離れた東の果てにパトリック・スターが住む谷があると言われています。この谷は奇妙な生存者たちの住処です。そしてスポンジ・ボブはパトリックの隣人です!彼らが言うには、パトリック・スターは全く働かず、ほとんどの時間を寝ているかスポンジボブと遊んでいるか、ということでした。そしてその遊び方はとても変わっていて、輸送部隊を攻撃したり、誠実なレイダーを餌食にしたりします。


誰も知らないメカニックの邪悪な天才が、いくつかの交易路で自動戦闘するロボットを作り出してしまいました。ある暗い夜、キャラバンから遅れをとったレイダーたちを襲撃し、武装した車両から貴重なアイテムを盗んでいきます。誰も彼らを捕まえることはできません。ロボットたちは沼地へと消えていきます。

今年は荒野で日照りが続いたため、さそりの数がかなり増えました。中でも緑と黒のものは特に危険です。通常の虫よりもかなり大きく、毒の変わりに、かなり精密な武器を頻繁に使用します。


スポンジ・ボブはパトリック・スターの古い友達です。彼のスクエアパンツは大きな荒野では広く知られています。彼は、ウクレレを弾くのが好きで、隣人をイラつかせています(もちろん、パトリックはウクレレを気にしません)。彼の奇抜さと、滑稽さ、通常であれば無害な存在であることは、厳しい環境が当たり前の荒野では有名です。しかし時々彼の遊びは度を過ぎる時があります。

荒野で失われたもう一つの過去の物語があります。「ウォーリー」として知られている「Waste Allocation Load Lifter, Earth-Class(ゴミ配置積載運搬機地球型)」は限定で製造されたシリーズで、この装甲車両は街を美化することを想定しています。しかし運命は残酷なものでした。そして、今ではこの珍しい温存された標本は、物珍しいけど必要不可欠なスペアパーツを見つけるため、大都市の廃墟中をくまなく探すか、孤独なレイダーを攻撃できる荒野へと向かうのです。


バー「Megrat」の全ての客は満場一致で、EMELYAと呼ばれているモンスターが荒野の中でもっとも恐ろしい武装をしていると思っています。幸いながら、これはかなり珍しい装甲車両となっています。
その活動の周期と攻撃的な振る舞いは寒さの時期から始まります。嬉しい偶然となりますが、ここ数十年、荒野の至る所は暑く、私たちの住むところでこのモンスターと出会う可能性はかなり低いのです。



TOP