NEWS

DEVBLOG PC PS 2023/05/18 18:00

『CROSSOUT』の新シーズン(Part.3)


Part 1
Part 2


新シーズンの実施を間近に控えた中、開発ブログ第3弾をお届けします!


今回は、新しい近接武器や外装パーツ、そしてレア度レリックの武器についてお話しします。レア度レリックの武器については、シーズンとバトルパスには含まれていないものの、次期アップデートで登場する予定です。


「開発ブログ」でご紹介するすべての新機能は準備段階にあるため、最終的にゲーム内にリリースされる前に変更される、またはリリースされない可能性があります。これは、新パーツの特別な機能に関する情報だけでなく、パーツの外観にも当てはまります。


新しい近接武器「カリュブディス」



ドーンチルドレンの倉庫には、接近戦に転用できなかった武器がそこらじゅうに転がっている。ライリーは、ラベンジャーの解析モジュールを用いることで、これらのパーツの一部を最適化することに成功した。その後、科学者たちの装甲車両は、ついに接近戦でも危険な存在となった。


すでにお馴染みの「バズソー」のレア度「レジェンダリー」バージョンでは、隠密行動のプレイスタイルのファンだけでなく、その犠牲となったプレイヤーも自身の装甲車両の後部をより厳重に守る必要性と、敵の動きをさらに注視する必要が出てくるため、真の啓示となることでしょう。


この新しい近接武器は、「ハーベスター」と比較して非常に軽量であるため、スピードとステルスのみに依存する装甲車両にとって強力な選択肢になります。重量が少ないと必然的に耐久値も低くなりますが、その比率は非常に奇妙なものになります。それは、この新しいソーの特徴を確認すれば、このような武器に高い耐久性は必須ではないことに気付かれることでしょう。そう、「カリュブディス」は正面衝突されることを想定していません。


後方から一定距離以上敵に接近した場合、「カリュブディス」は追加のブレードを発射し、敵との接触面積を増加させるものの、与えるダメージは減少します。そしてこの条件を達成しなくなった場合でも、この追加のブレードはより広範囲かつ、まだしばらくの間ダメージを与え続けます。警戒を怠り、接近を許してしまった相手は、味方の助け無くしては逃げ切ることは不可能でしょう。


新しい外装パーツ


火星探索機パーツ「マウンティング・ブラケット」



あらゆる装甲車両に必ず活用できる興味深いパーツをご紹介します。重量と耐久性の比率が秀逸で、装甲車両の耐久値を増加しながら、向かってくるダメージを僅かに受け流すことができます。


新しいレア度「レリック」の武器「RL-9 ヘリコン



この新しいレア度「レリック」の武器は、新シーズンとそのバトルパスには含まれないことにご注意ください!今回の開発ブログでこのパーツを取り上げたのは、新シーズン中に実施されるアップデートで追加する予定のためです。


古い軍事倉庫に保管されていた武器が、ステッペンウルフの期待を裏切ることはなかった。スタール少佐でさえ、昔からこの世界には、人よりも武器の数の方が多かったと、度々笑いとばすほどだった。


次期大型アップデートに伴い、このレア度「レリック」のロケットランチャーを追加する予定です。それでは、「RL-9 ヘリコン」について詳しくご紹介しましょう!


この武器の一斉射撃では、3種類の投射物を使用します。最初は徹甲弾、二つ目は焼夷弾、そして三つ目は榴弾です。皆様も既にお察しの通り、このロケットランチャーは皆様のプレイヤースキルと攻撃の計画性を要しますが、3発すべてが敵に命中した暁には、素晴らしいリターンによって皆様を祝福してくれます。


ただし、この武器の「ワルツ」との類似点に惑わされてはいけません。通常のロケットランチャーのロケットと同様に、「ヘリコン」のロケットは弾道軌道に沿って飛翔します。


ロケットの飛翔時間が長ければ長いほど、ダメージや衝撃、爆発範囲といった特性に素晴らしいボーナスが追加されます。わずか0.5秒飛翔するだけで、最大レベルのボーナスに到達可能です。


このロケットランチャーを自身の装甲車両に2個装備すれば、戦況を一気に変えることさえ可能です。今のうちに見識を深めておきましょう。


それでは生存者諸君、開発ブログシリーズの最終回でお会いしましょう!次回は、ドーンチルドレンから一風変わったシャーシ及びいくつかの外装パーツをご紹介する予定です。



TOP