NEWS

NOTICE PC PS4 2020/07/07 18:15

マップ「ラベンジャーの拠点」の物語


ラベンジャーたちの侵略から数年の月日が流れました。
名も無きヒーローは、仲間と共に盗まれた記憶を人々に取り戻し、できるだけ遠くへ敵を押しやりました。
しかし、彼らは獣に傷を負わせただけで、息の根を止めることはできませんでした。
その地から立ち去った獣は、影に身を潜めて傷を舐めながら恨みの念を宿し、新たな攻撃に備えました...。
そして太陽がようやくその影を照らし出した時、そこには誰の姿もありませんでした。

この一帯は科学都市とアシェンリングに隣接しており、遠くからでも薄暗い輪郭を見ることができます。
ここにラベンジャーたちがいたと言っても過言ではありません。
この地域は、彼らの存在を証明する痕跡で覆われています。
地形は、何の目的があってか3つの底なしの穴によって切り取られており、作ったのが誰にせよ安全性は一切考慮されていません。
そして、多くの生存者が不注意で奈落の底へと消えていきました。
有識者は、この穴を見ると巨大な冷却システムを思い出すと言います。
もしかすると、地下のアシェンリングの研究室に必要だったのかもしれません。
しかし、この考えがどれほど真実とかけ離れているのか、それはまだ誰にも分かりません。

荒野で最も悪名高い(そしてイカれた)科学者ロイドの痕跡もいくつか存在します。
噂によると、彼は沈黙を守る機械仕掛けの怪物に関する謎を探っていたそうです。
彼は怪物たちの謎を解き、接触することができたのでしょうか?
それとも、ラベンジャーたちがドーンチルドレン最高の頭脳を出し抜き、彼を利用したのでしょうか?

拠点の運命を決めるための銃撃戦が生存者同士により常に行われているため、謎の答えをすべて見つけ出すのは簡単ではありません。
ラベンジャーたちの痕跡を残らず消すべきだと確信している者たちもいれば、彼らの常識外れな技術を学びたいと切望している者たちもいます。
戦いが終わりを迎えるまで、無言の観察者たちの赤い瞳は奈落の底を見つめ続けます。
そして時間が経てば経つほど、彼らの実験は完成に近づいていくのです。


「ラベンジャーの拠点」に関するさらなる情報をご紹介します!


このマップには3つのサービスシャフトが備わっており、その周辺にはキャプチャーポイントが配置されています。
外側の高度が高いエリア、内側の高度が低いエリアという高度の異なる2つのエリアでバトルが始まり、
その2つのエリアはシャフトと任意のポイントを使用して行き来することができます。

地下道が大幅なスペースを占めており、落下すると確実に命はありません。
奈落の底に滑り落ちる危険性が非常に高いため、縁に沿って操縦する時は注意が必要です。
シャフトをまたぐ橋はさらに危険ですが、それが最速でマップを横断する方法でもあります。

高度が高い外側のエリアは、マップの中央を見渡すことができる丘になっています。

最も重要なランドマークは廃墟となった塔で、キャプチャーポイント間の移動に最短ルートを使用したいプレイヤーへシェルターを提供します。
しかし、敵がいつあなたを奈落へ突き落とそうとするかは分からないため、ご注意ください。
TOP