NEWS

NOTICE PC PS4 2018/08/31 03:34

9月のカレンダー配信!


忠実なるリスナーのみんな、こんにちは!

こちらはラジオ局「荒野の声」です。今日は神秘的な組織、いや、「神話的な」と言った方がいいかな。
「神話的な」組織、「死にゆく星の教団」について紹介しよう。
もし噂が本当なら、この変わり者たちは大災害の歴史がたとえどんなものであろうとも、
その真理にたどり着く事に心を奪われているみたいだ。
それを成し遂げるためには、起こった出来事に対して誰に責任があるのか、というわずかなヒントを見つけるために、
彼らは最も危険な場所へ入って行った。
そして、「スターストラック」たちは、新聞紙、日記、写真や動画が入ったフラッシュドライブや、
興味深かったり疑わしいとような様々なジャンク品を集めているらしい。
このラジオ局のスタッフは、彼らの暇な時間はもっと有意義なことに使ったほうが良いんじゃないかって考えてたりもする。
でも実際の所、彼らの執念に対して僕たちは非難なんてする必要なんてないさ!
だって彼らが集めている物がお金を稼ぐために使えるからね!

スカーABは、これら「アーティファクト」に非常に興味を持ってるみたいだね。
でも彼は自分自身でアーティファクトを探そうとはしないよ。
何か好奇心をそそるような物を持ってきた者に対して気前よくお金が支払えるほど金持ちだからで。
だけど簡単にお金がもらえるなんて期待したらだめだよ。
スカーABはかなり目が肥えているからね。
とてもにユニークで、教団に明らかに関連している物でないとだめだ。
「スターストラック」たちは、大体、アーティファクトが入った箱や袋に自分たちの紋章を入れている。
でも気を付けてくれ。スカーABは長年に渡って自分のコレクションを積み上げてきているから、
教団のアーティファクトが本物か偽物かを簡単に見分けるだろう。
あるずる賢い男は自分で箱に紋章を描き、それをスカーへと渡したんだ。
奴らが彼に対して行ったことは、すべての詐欺師たちに良い教訓になったよ。
…スカベンジャーのリーダーを出し抜こうなんて決してしないことだね。

それでもなお、アーティファクトを発掘して売って、楽してコインを稼ぎたい生存者は常にいて、
実際にかなりの成功に恵まれた人もいる。
だから、スカーABのコレクションはどんどん増えていて、いつか荒野の僕らに貴重な品々の展示会を開きたくなるんじゃないかな。
いつものことだけど、教団の伝統とはまたちょっと違う、魅力的なニコピネーリ社の宣伝カレンダーが登場したよ。
9月のカレンダーには、ファクション「エンジニア」の女の子が教団の信者を装い、
スカーABの倉庫からアーティファクトを盗もうとしている様子だ。マントや鞭は、
カレンダーの作者の教団メンバーの記憶をたよりに作られたものだと思うけど、
この盗人の腕のタトゥーは疑う余地なんてないね。…彼女は「スターストラック」のメンバーの1人だ。
そして「死にゆく星の教団」の紋章もこんな模様なんだ。もしたまたまこの模様が入ったクレートに気づいたら、
手に入れてスカーの下へと急いだほうがいい。
もちろん、それが敵によってクレートに描かれた紋章でないことを確認するんだよ。

9月のカレンダーを公式ウェブサイトのこちらのページでダウンロードすることができます。

TOP