NEWS

UPDATE PS4 2018/04/12 19:07

[PS4] CROSSOUT 1.26


想像してみてください。
沢山の生存者を大きなアリーナに集め、たった1人の勇敢な生存者のみが生き残るまで強制的に戦わせたとしたら…。
それでは実際に試してみましょう!広大な荒野がバトルロワイヤルの舞台となりました!


新しいブロウル「バトルロワイヤル」



自暴自棄となった数十人のレイダーたちは、ラット・キングのお手製であると噂されている特別なバギーに乗せられています。
これらの軽車両に搭載されている武器はスクリューオーガーのみで、その他の武器はマップの至る所にモジュール方式で散らばっています。参加者が行うべきことは、ただ一つ。全てのバギーの中で誰よりも長く生き残ることです。
勝者になれるのは参加者の中でただ一人です。
異常気象は参加者を同じ場所に留めさせることはなく、参加者にとって致命的な砂煙がランダムに出現し辺りを一掃します。


ブロウルの詳細:

  • ●最大32人の生存者がバトルに参加することができます。
  • ●ブロウル開始時、すべてのプレイヤーはマップ上の地点にランダムに配置され、同一の装甲車両を操縦します。それぞれの車両にはスクリューオーガーのみが搭載されています。
  • ●プレイヤーは、マップ上で武器やモジュール、外装パーツを探し出し、それらを自分の装甲車両に装備する必要があります。
  • ●これらのパーツは、戦場の旗が表示されている地点で見つけることができます。これらのパーツに加え、修理キットや弾薬等を見つけることもできます。
  • ●装甲車両にパーツを装備するには、旗へ接近してください。弾薬や修理キットは自動的に追加されます。
  • ●注意!このモードでは、銃器の弾薬に制限があります!
  • ●注意!装甲車両に装備されたパーツを破壊することはできません!
  • ●修理キットを使用することで、装甲車両の耐久値が少しずつ回復します。修理キット1つにつき、耐久値が105ポイント回復します。ダメージを受けてしまうと耐久値を回復することができなくなりますのでご注意ください。
  • ●それぞれのバトルでは、パーツや弾薬はランダムに出現します。
  • ●バトル開始1分後に特別な積み荷がマップ上に出現します。出現する場所は、マップやレーダー上に印が表示されます。その後、同じ積み荷は1分30秒ごとに出現するようになります。この積み荷を回収すると、最も強力な武器の内の1つを獲得できますが、油断しないでください。起こりうる様々なリスクに常に備えておくことが大事です。
  • ●敵を破壊すると、敵が所有していたパーツや弾薬が、破壊された地点に散らばります。もちろん、それらの中からまだ自分が所有していないパーツなどを入手することが可能です。
  • ●また、恐らく最も重要なことは、嵐の存在を常に把握しておくことです。マップ上を動き回る嵐を監視し、突然嵐に巻き込まれることがないよう気をつけましょう。他の生存者とのバトルとは異なり、嵐に巻き込まれればプレイヤーの車両が生き残る術は殆ど無いでしょう。
    • ○嵐によって受けるダメージは、嵐に巻き込まれる深さによって異なります。
    • ○また、嵐によって受けるダメージは、すでに嵐が到達したマップのエリアによって増加します。

注意:このモードはソロプレイを目的としたモードです。そのため、事前に示し合わせて試合結果を操作する行為や、グループ内の他の生存者と手を組むことは禁じられています。このような挙動は監視され、ルールに従って罰せられますのでご注意ください。グループでバトルロワイヤルに参加したいプレイヤーの皆さまのために、別のキューイングを準備しています。ご理解、ご協力をよろしくお願いします!



新しいマップ「血の岩」



ここは、荒野ではよく知られている場所です。
たくさんの建物、ねじれ錆びた鉄の山、永久に動くことのない装置の骨組み。
当初、この場所は何か役に立つものを見つけようとしていた生存者の注目を集めましたが、
そこに行ったほぼ全員が何の痕跡も残さず姿を消しました。


この場所では自然の法則がゆがめられ、砂嵐の中心となっています。
生存者にとってこの致命的な場所での不注意は、命を落とすことに直結します。
この異常気象は砂と空気を尋常ではない速度に加速させ、サンドペーパーのように感じることでしょう。
嵐に巻き込まれた積み荷は、数分間のうちに粉塵に変わってしまうでしょう。



しかし、この異常気象や過去の財宝がこのエリアを有名にしたわけではありません。
「ラットキング」というニックネームを付けられたケネス・パリシュが、血に染まるゲーム「バトルロワイヤル」を定期的に開催している地として有名なのです。


マップ「ブロークンアロー」

荒野の生存者たちは、難しい言葉で主張しあい、激しい科学的討論(普段から強い口調だが、稀に喧嘩になるほどの激しさ)をしていた人気者の二人の親友の物語について話してくれます。

ある日、二人は既に確立された理論であるはずの地球の形について議論をはじめました。1人は激しい口調で、「地球は今も昔も平らであり、宇宙は大災害が起こる前に人々によってでっち上げられた大きなフィクションである」と主張しました。もう1人は、親友の無知さに憤慨し、持ち得る全ての知識を用い親友を説得しようとしました。さらに、彼は古い教材を使用して説明し、仲間の科学者や
ライリーの助言さえも求めました!しかし、何も役に立ちませんでした。結果親友であった2人は対立し、友情は憎しみへと
変わりました。

親友のうち、後者の我慢が尽きるまでの数ヶ月間、議論が止むことはありませんでした。彼は、大災害の前に宇宙計画に携わっていた
男性を荒野で見つけ、彼の機密の助言の下、ブロークンアローで砂と埃にまみれていた古い宇宙船を綺麗にし、彼の友人をシャトルに
引きずり入れ、そして、軌道まで打ち上げたのです。これで彼を説得できる!この議論に反対する者はもういない!

計画は完璧でした。しかし発射されてから間もなく、シャトルは軌道から逸れ、荒野で出会った「専門家」は管制室の管理人として
働いたことがあるだけという事がわかったのです。

最終的にシャトルに何が起こったのかについて、目撃者の証言は最初から異なっていました。爆発しなかったので天国に衝突しなかったのは間違いありませんでしたが、静止軌道には到達しなかったのです。そのため、議論に勝ったのは誰かはわからないのです。
かわいそうな管理人は、責任を取らされ近くの看板に吊るされました。そしてシャトルはどこにいったのでしょうか?
人々はそのシャトルが帰還するかもと、未だに空を見続けています。

ゲームモード


レイド


注意:レイドバトルでの敵の強さは、プレイヤーチームの装甲車両に合ったレベルとなっています。


  • ●レイドバトルの最低参加人数がカウントされる条件を変更しました。報酬を獲得するには、得点を最低でも40ポイント獲得する必要があります。
  • ●レイダーやパーツを破壊するとポイントを獲得できます。

カウンター


  • ●ターレットの新しいモデルを追加しました。
  • ●ターレットの耐久値と受けるダメージは難易度によって変わるようになりました。

「データ泥棒」


  • ●レイドバトルを完了するには、すべてのレイダーを破壊しなければならなくなりました。

チェイス

難易度:ノーマル&ハード


  • ●トラックの初期ダメージが10%増加しました。
  • ●トラックの耐久値が20%増加しました。
  • ●トラックの難易度が、プレイヤーグループのパワースコアの平均値によって変動するようになりました。


パーツ


キャビン


ダスター

  • ●耐久値が19%減少し、210ポイントから170ポイントになりました。

『CROSSOUT』ではダスターキャビンの数はあまり多くはありませんが、同等のレア度のキャビンの中では最も高い勝率を誇っています。多くのプレイヤーは、よりパワースコアの低い敵と戦うため、最低限の外装パーツすら装備せず、人為的にクラフトのパワースコアを下げ、レア度エピックやレア度レジェンドの武器を使用します。
これらをさらに脆弱にするため、キャビンの耐久値を縮小することにしました。


武器


「ソードオフ」

  • ●ダメージを4%増加しました。

最近の低いレベルのバトルにおいて、「ソードオフ」のショットガンの効果が低くなっていました。そのため、ゲーム内のすべてのレア度コモンの武器のバランスを取るため、ショットガンのダメージをわずかに増加させることにしました。


「57mm アベンジャー」

  • ●爆発半径が17%縮小しました。

アベンジャーは、同等のレア度で、よりPSが低い武器よりも優れている点はありませんが、プレイヤーのレベルが上がると、この状況は変わってきます。コードやソードオフとは異なり、これらの効果は不変で、アベンジャーの効果はプレイヤーのレベルや車両のパワースコアが上がるごとに増加します。この関係性は車両のパーツ数の増加によって説明することができます。
新しい爆発システムでは、爆発半径内により多くのパーツがあれば、与えるダメージもより大きくなります。
そのため、アベンジャーの爆発半径をわずかに縮小しました。
この変更により、低いパワースコアでのバトルにおいて武器に小さい影響が与えられますが、
プレイヤーのレベルが上がることによる効果の増加が少なくなります。


コーカサス

  • ●遅延なくガンが発射するようになりました。

今回のアップデートでも、より簡単に、そして効果的に使用することができるよう、引き続きコーカサスの改善に取り組んでいます。
標的をロックオンした後に起こっていた発射前の遅延がなくなりました。
この遅延は比較的短時間ではありましたが、この間に敵が障害物の後ろへ隠れたり、
コーカサスの半径内を抜け出すことがあり、武器の有効性にマイナス効果を与えていました。
今後も、この武器の性能を詳しく監視し、必要があれば、コーカサスの改善に取り組んでいきます。


「スキンナー」

  • ●エネルギー消費量が3ユニットから2ユニットに減少しました。
  • ●範囲が40 mに拡大しました。
  • ●パワースコアが705ポイントから470ポイントに減少しました。

最初のうちは、プレイヤーの皆さまはファイアスターターが実装された時に追加された新しい種類の武器に
非常に興味を持っていましたが、その後、ハープーンはプレイヤー間で人気がなくなっていました。
その理由の1つとして、ハープーンのパワー消費量は比較的多く、発射できる距離が短いという点が挙げられます。
そのため、パワー消費量を1ユニット減少させ、ハープーンの範囲をわずかに拡大させることにしました。
これにより、プレイヤーの皆さまはこの武器を使用してさらに有能な車両をビルドすることができるようになります。


「P-7 ワイルドファイア」

  • ●武器が直接的にダメージを与えなくなりました。
  • ●爆発半径が25%拡大しました。

当初、P-7 ワイルドファイアによって与えられていた小規模の直接的なダメージは、旧爆発システムや分裂システムの欠点を補っていました。新しいシステムでは欠点を補う必要はなく、爆発ダメージ力や爆発半径によってダメージが平等に影響を受けるようになりました。この変更により、P-7 ワイルドファイアを他の銃器と同様のものにし、今回の修正により、武器の効果が全体的に若干増加するようにしました。


「AP72 ワールウィンド」

  • ●標的までの距離100mごとのボーナスダメージが、45%から35%に減少しました。

私達は、オートキャノン「ワールウィンド」のダメージは、他のレア度エピックの武器と比べて、少し高すぎるのではないかと考えています。この武器を使用している多数のプレイヤーの勝利率が高くなっている事実が、これを証明しています。この武器は中レベルにおいて最も優れていて、この武器の長距離から与えるダメージが大きくなる特性により、他のレア度エピックの武器の効果を超えてしまっていました。他のレア度エピックの武器とのバランスを取るため、「ワールウィンド」の効果をわずかに減らしました。


「ランスロット」

  • ●ダメージが17%減少しました。

爆発型スピアでは、銃器とは全く異なるゲームプレイを行うことができます。
そのため、この武器を支持しているプレイヤーが多数いて、彼らの考え方にもっとも適しているようです。
しかし、タイヤ「ビッグフッド」の登場と共に、パーツのすばらしい組み合わせによりランスロットの効果が増加しました。
そのため、増加した相乗効果を補うため、スピアの爆発ダメージを弱めることにしました。

「ドラコ」

  • ●敵との距離が離れると、火災放射器から与えられるダメージが減少しなくなりました。

「ファイアバグ」

  • ●炎の放射速度が33%増加しました。
  • ●ブレが43%減少しました。
  • ●敵から逃れると、火災放射器から与えられるダメージが減少しなくなりました。

火災放射器の改善として、標的までの距離によって与えられるダメージを減少させていたシステムを削除することにしました。
私達は、この武器クラスについて、議論の余地があり完璧に合理的な状態ではないと考えています。
また、ファイアバグのブレを減少させ、炎の放射速度を増加させました。
これらの修正は主に武器の効果を上げることではなく、プレイヤーがより簡単に火災放射器を使用することができるようにすることが目的です。

「フォーチュン」

  • ●投射物の速度が100%増加しました。
  • ●爆発による衝撃を80%減少しました。

ファクション「ファイアスターター」を実装した時、フォーチュンのタイヤのデータ同期化の問題に直面しました。
この問題は、タイヤがあまりにも高速度で飛行していたことや、飛行中の予測できない挙動が原因となり起こっていました。
フォーチュンのタイヤの速度を大幅に増加させていた問題を削除しました。
また、タイヤの一つが爆発した際の衝撃が、すべての投射物の軌道を変えてしまう状況をなくすため、爆発による衝撃を減少させました。


「BC-17 ツナミ」

  • ●ダメージが15%減少しました。

「ツナミ」の進路では、高精度や投射物の飛行速度、大きなダメージ、小さな武器モデルのおかげで、レア度レジェンドの他のどの武器よりも際立っています。武器の大きなダメージの一部は小さな爆発半径により補われていて、多数のパーツを射撃する際の武器の効果が低くなっています。しかし、同時に、それぞれのパーツに与えられたダメージに大きな影響を与え、これによりツナミが低いパワースコアでのバトルにおいて極度に効果的な武器となりました。
統計値を分析した結果、現在のツナミのダメージは大きすぎるため、修正が必要であると判断しました。

「リーパー」

  • ●ダメージが15%減少しました。
  • ● 武器のユニークな特性を変更しました。7回目の発射で2m以上の装甲を貫通することができるようになりました。

現在の特性がゲームプレイに大きな影響を与えることはなく、プレイヤーに新しい経験をもたらすこともありません。これらの変更は、敵の装甲車両の中に装備されている爆発物を、的確に狙いを定めるようプレイヤーを刺激することを目的としています。


ヤマアラシ

  • ●バレルの速度が100%増加しました。
  • ●バレルの爆発によるダメージが15%減少しました。
  • ●バレルの射撃ダメージに対する抵抗力が増加しました。
  • ●バレルの耐久値が50%増加し、2ユニットから4ユニットに増加しました。

ヤマアラシは、少なくともデータ上ではゲーム内でDPSが最も高い武器のうちの1つです。
これは敵にダメージを与えることはとても難しいからです。
極端に低い投射物の速度により、この武器は簡単にバレルが作った火の海に敵を入ることができる接近戦でのみ
効果を発揮することができます。そして、プレイヤーが敵を最初の投射物で攻撃しようとする場合、
次の投射物は爆発してしまい、敵に届きません。これらの問題を一部修正し、ダメージをわずかに減少させることで補いました。


スコーピオン

  • ●この武器が、静止状態での攻撃時のブレの最大のパラメーターと、走行中に攻撃を行った時のブレの最小/最大を拡大しました。

レア度レリックの武器であるスコーピオンは、ゲームの中で最高の武器の1つですが、無敵でなければならないという意味ではありません。ホバーに搭載すると、ホバーの機動性との組み合わせやブレがなかったことにより、多大な相乗効果をもたらしました。
走行時やバレルの回転時のブレを拡大することにしました。
これにより、ホバーとの組み合わせによる効果が少なくなり、この武器の効果が、プレイヤーの腕前に依存するようになります。


ハードウェア

●ブースターのメカニクスを変更しました。


○効果継続時間が、該当のキーを長押ししている時間に比例するようになりました。

○ブースターを継続して使用すると、過熱レベルが上昇します。限界値に達すると、ブースターはクールダウンに入ります。
クールダウン中にブースターを使用することはできません。

○ブースターにラジエーターやクーラーを使用することができるようになりました。

○特別なブースターの燃料は、ブースターの操作時に使用します。

○それぞれのブースターに使用できる予備燃料は下記のように制限されています:

・アヴィア・ブースター:各バトル/レースで燃料60ユニット

・ロケット・ブースター:各バトル/レースで燃料80ユニット

・ヘルメス・ブースター:各バトル/レースで燃料100ユニット


○ブースター燃料は追加モジュールで増量することができません。


●改善されたブースターの以前のオプションが新しくなりました:


○「モジュールの起動時間を10%延長する」を「オーバーヒートまでの時間を10%延長する」に変更しました。

○「モジュールのリチャージ時間を20%短縮する」 を「冷却時間を10%短縮する」に変更しました。


インターフェース


  • ●デイリーチャレンジで獲得する報酬の画面を改善しました。
  • ●レイドの説明が記載されたポップアップウィンドウに、レイダーのファクションやレイドの難易度の情報とマップが表示されるようになりました。
  • ●新規プレイヤー(ファクション「エンジニア」のレベル5以下)のために、ポップアップで表示されるヒントを追加しました。

その他


  • ●多数の近接武器の効果を改善しました。
  • ●「焼却炉」カタパルトの投射物の効果を改善しました。
  • ●AGS-55インパルスグレネードランチャーのモデルを改善しました。

不具合の修正


  • ●マップ「橋」上で、レイダーが障害物を無視していた不具合を修正しました。
  • ●多数のテキストや説明を修正しました。
  • ●モード「炎の戦争」(マップ「旧市街」)のタワーが、レイダーの武器からほとんどダメージを受けていなかった不具合を修正しました。
  • ●多数のマップを改善しました。
  • ● 一部の銃器の照準が不可視モードの敵に反応していた不具合を修正しました。
  • ●ホバー1つと他のシャーシを搭載したクラフトが水面上や酸がある地面上を走れなかった不具合を修正しました。
  • ●同じボタンによって有効化されたすべての同じブースターが、同期的に再充電されるようになりました。
  • ●それぞれのパーツが近くに配置されていたためにドローン「ファルコン」を発射できなかった不具合を修正しました。
  • ●一部のパーツが空中に浮いてしまう不具合を修正しました。
  • ●高度が10メートル以上でのホバーのメカニクスを修正しました。
TOP