NEWS

NOTICE PC PS4 2018/01/25 16:50

TALES FROM SURVIVORS:ギャラリー内の最高な装甲車両

 

荒野のエンジニアが作ったものから、最高の装甲車両を厳選しました。今回ご紹介するのは、ギャラリーのために
特別に製作された独特なデザインの装甲車両です。今回ご紹介するすべての車両は、斬新さと独創性のあるものが、
ゲームギャラリーでユーザー投票(いいね!)をもとにして選ばれたものです。

 

 

たった5分目を離した結果がこれです!複数の親切なレイダー達が、大破した古いタイヤを盗んでくれました。
代わりに新しいタイヤ「シヴ」を持ってきてくれることを願っています。私は生存者諸君を信じています。
結局、私達は家族も同然なのです!

 

 

スズメバチ(ワスプ)は、非常に危険で不愉快な昆虫です。先日生存者の1人が、1匹のワスプが5人のレイダー達を同時に殺した時の
話を教えてくれました。彼らは、デコボコした岩道でクレイジーな装甲車両を乗り回していました。車両には
窓がなかったため、ワスプがキャビンに飛び込んできて、ドライバーはパニックに陥りました。たった1秒間の
出来事でした。そして車両は崖から深い底へと落ちていきました。この辺りはとても危険な場所なのです…

 

 

大災害の恐怖の日々から長い年月が経っても、未だに荒野ではハーレーデイビッドサンというバイクは伝説として語り継がれています。
多くのレイダー達はもう1度サドルに座り、アクセルを限界まで踏みたいと願っています!サイコ・ピートは、
本物のハーレーデイビッドサンに相当な額のコインを支払うつもりであるという噂があります。

 

 

荒野に、古くからの友人がいます。彼は、谷の端すれすれにある僻村に住んでいます。大災害が起こる前に
「サバイバリスト」と呼ばれていた1人で、家の下に穴を掘り、缶詰を隠し、ゾンビの世紀末に備え
事前に車両も準備していました。彼は、親しみを込めてこの車両を「私のカエル」と呼んでいますが、
現実がフィクションに勝ることはないのです…

 

 

物語はこれだけではありません。谷の東側にある村で、奇妙なイラクサが栽培されていました。この植物は
ロープや衣服を作るのに優れていて、油を作ることもできます。もちろん、医療目的として。イラクサを
栽培するための農場はとてつもなく大規模なものでした。収穫の前日の夜、イラクサを踏み潰そうと試みた者
がいました。この悪党たちを待ち伏せようと、複雑で高価な追跡システムをドーンチルドレンから購入
しましたが、全く役に立ちませんでした。警備員は眠ってしまい、エネルギーは干からびてしまいました。
忍び込んだのは誰なのかを知る者はおらず、この村は衰退していき、生存者たちは様々な場所へ散らばっていきました。

 

 

その昔、谷のあらゆる場所から集まったレイダーたちに会うことができるバー「Megrat」で、奇妙な物語を
語っている者がいました。祝日の期間中、かなり年をとった奇妙な生存者が荒野に現れたのです。彼が壮絶な
人生を歩んできたことは明らかでした。髭は灰色で、みすぼらしく、アイスクリームを搭載した有名な
装甲車両を所有していました。人々は、あちこちの村で彼を見かけるようになり、彼はどこでも子供達に
お菓子やクラッカーを与えていました。しかし、突然姿を消したのです。子供達はとても寂しがり、
彼が戻ってくることを待っていました。荒野で出会うことがあれば、丁重に挨拶をしましょう!

 

 

一年に一度、サイコ・ピートが砂漠で特別なレースを開催し、谷のあらゆる場所から集まった、最も過激な
レイダーたちが参加します。谷の端から端まで、荒野の最も危険な場所を走行しなければならないというルール
があります。長く、危険な道のりですが、この道をマスターすれば大きな報酬や名誉、尊敬を得ることができます。

 

 

人口密度の高い都市で絶えず働いている住民達は、忙しなく、騒がしいこの場所から抜け出し、馬車で出かける日が
来ることを夢見ていました...今でも、屋根がないということは、装甲車両の防御力だけが不足しているという
ことで、荒野のエンジニアたちは絶えずこのようなクラフトを作っています。例えば、この車両はスカーABからの
要求により個人的に作られ、特別な保護の下、彼が所有している多数の格納庫の内の1つで保管されています。
彼がこの車両に乗るのは一年に一回のみであると言われていて、ファクションへの勧誘パレードに応じているそうです。

 

 

大災害が起こる前の時代のように、多くのコミュニティの長老たちが物語を共有し、都市の住民たちは
あちらこちらへ移動し続けています。このような変化にも変わらないでいたのは、今では物資を輸送する
車両となったこの車両でした。しかし、今回は家具ではなく大口径のガンの砲弾を輸送しています。

 

 

スカベンジャー達の、様々な種類やサイズのパーツへの情熱は広く知られています。彼らは、あなたのために
どんなガラクタでも持ってきてくれます!彼らのうちの1人が、コミュニティから遠く離れた場所に、
1円も払わずに家を建てました。このことを良く思っている人は誰もいないということは明白です。
彼が1時間家を離れて戻ってくると、家は跡形もなくなっていました。しかし、私達のヒーローにはこれまでに
培ってきた知恵があります!彼はもう一度家を建てました。今回の家は、家から出ることすら必要なく、
どこでも連れて行ってくれ、彼を守ってくれます。何と実用的な家なのでしょう。

TOP